建設業許可

建設業許可とは

建設業を営もうとする者は、建設業の許可を受ける必要があります。

建築一式工事・土木一式工事等、計28業種から構成されており、該当する工事を行う建設業者は各業種ごとに許可を受ける必要があります。

建設業許可が不要なケース

下記の軽微な建設工事のみを請け負う場合は、建設業の許可が不要となります。

軽微な建設工事

■建築一式工事の場合■
 ア.1件の工事請負代金の額が1,500万円未満(消費税含む)の工事
 イ.異延面積が150平方メートル未満の木造住宅工事
■建築一式工事以外の建設工事の場合■
 ア.1件の工事請負金額が、500万円未満(税込み)の工事

よって、軽微な建設工事の範囲内であれば、建設業許可は必要ありません。

ただし、今後軽微な建設工事以外行う予定のない事業者様でも、取得していただくメリットもございます。メリットについては下記を御覧ください。また、建設業許可を取得していないと経営事項審査を受けることもできず、公共工事を受注することが不可能となる。

建設業許可をとらないと

建設業法には、厳しい罰則規定があります。
例えば、許可での営業・虚偽又は不正の事実に基づいて許可を受けた者は、3年以下の懲役又は300万円以下の罰金が定められております(根拠:建設業法 第46条)。

大臣許可と知事許可

大臣許可とは、2つ以上の都道府県に営業所を設置するときとらなくてはならない許可です。
知事許可とはそれ以外のケース(1つの県内にのみ営業所を設置する場合)

一般建設業許可と特定建設業許可

特定建設業許可とは、発注者から直接請け負う一件の建設工事につき、その工事の全部又は一部を、3,000万円(建築工事業は4,500万円)以上となる下請契約を締結して施工しようとするものと定められております。例:A社が5,000万円の乙工事をB社に発注し、B社は乙工事の一部を3,500万円でC社に下請契約を結ぶ場合、C社は特定で許可をとる必要があります。

また、一般は上記以外の許可を指します。なお、特定と一般は、業種ごとに定めることになり、1業種について両方とることはできません。

あかぎ事務所の建設業申請代行サービス

建設業の許可を受けるメリット

  1. 建設業を営むことができる!
    無許可で違法に業務を行うことは、罰金や懲役刑を受ける可能性があります。また、無免許のまま違法に業務をやることによりお取引先にも迷惑をかける可能性があり賢明ではありません。
  2. 公共工事入札ができる!
    公共工事の入札には、建設業許可の取得が要件となります。
  3. 信頼性アップ!
    建設業の許可の有無によって、他社からの信頼度が変わってくるため、仕事の受注にも間接的に関係してきます。また、金融機関からの融資を受けるの際の審査にも影響してきます。

行政書士あかぎ事務所のお取扱い業務

建設業許可関連の手続きでは、下記のような業務が代表的です。
あかぎ事務所では下記の業務全てに対応しております。

新規許可申請

はじめて建設業許可をとる際の申請手続きです。

更新申請

建設業許可は、5年に1度更新を行う必要があります。更新は新規の手続きに似ている手続きとなります。

変更事項届出

許可又は更新申請時の申請内容に変更が生じた場合に行う手続きです。例えば、新規許可申請後に会社の引越により所在地に変更があった場合等です。

決算変更届出

上記の変更事項届出の一つです。毎事業年度経過後4か月以内に変更届を提出する義務があります。工事の経歴書や施工金額、財務諸表等を提出し、前年度の活動について報告します。

経営事項審査申請

公共工事の指名入札参加申請の前に行う手続きです。

代行費用

建設業申請代行費用は、下記の通りとなります。なお、報酬については税抜き価格となっております。
※下記は、知事許可の概算になります。大臣許可の場合、法定費用が増額します。
業種追加申請と更新申請を同時に行う場合は、法定費用が10万円となります。
※一般建設業と特定建設業の更新申請を同時に行う場合は、法定費用が10万円となります。

【建設業】 法定費用(申請手数料) あかぎ事務所報酬 合計
新規 90,000円 120,000円〜 210,000円〜
更新 50,000円 80,000円〜 130,000円〜
業種追加 50,000円 100,000円〜 150,000円〜
更新及び業種追加 100,000円 120,000円〜 220,000円〜
決算変更届 0円 30,000円〜 30,000円〜
その他変更届
(例:会社所在地の変更等)
なし 20,000円〜 20,000円〜

建設業許可までの流れ

下記は、新規許可申請をモデルケースとしてご案内しておりますが、更新等その他の手続きについても同様の流れとなります。

  1. step 1 お申込み
    お申込みフォーム・お電話・メールにてお申込み下さい。

    行政書士あかぎ事務所
    電話:027-261-2715
    メール:info@akagi-office.com
    営業時間:平日8:00〜17:00

    お申込みをいただきましたら、当事務所よりご連絡させていただきます。
  2. step 2 書類のご記入とご返送
    お申込内容に応じて、当事務所よりお客様にご用意いただく書類(委任状等)のリストとひな形を送付させていただきます。
    書類のご用意が済みましたら同封の返送用封筒をご利用の上、ご返送下さい。
  3. step 3 代金のお支払
    Step 2で送付させていただいた書類の中に、ご請求書が同封されておりますので、代金のお支払いをお願いいたします。
  4. step 4 申請
    いただきました書類に基づいて各種申請書類を作成し迅速に申請いたします。
    申請の際に許可がおりるまでの目安を聞いた上で、申請完了の報告と許可までの目安をご連絡いたします。
    ※標準処理期間は、1ヶ月(群馬県)とされておりますので、1ヶ月前後で許可がおりるのが一般的です。
  5. step 5 納品
    許可がおりましたら建設業許可通知書をお客様に納品させていただきます。
    以上で、建設業許可の手続きの完了です。

Q&A

  1. 1. 見積りは無料ですか?
    お見積りは無料となります。お見積りをご希望の方は、お気軽にお申し付け下さい。
    なお、ご請求させていただく金額は、上記の代行費用のとおりとなっております。
  2. 2. 個人事業主から法人成りした場合、どのような手続きが必要ですか?
    新規に許可をとって頂く必要があります。なお、個人事業主が当該法人の代表取締役になった場合、条件に該当すれば既に取得済みの許可番号を引き継ぐことが出来ます。
  3. 3. お申込後のキャンセルは可能ですか?
    お申込後のお客様都合によるキャンセルは、基本的にはご遠慮いただいております。また、万一キャンセルされる場合でも、それまでに作成した書類の費用等についてはその進捗に応じてご請求させていただく場合がありますので、あらかじめご了承下さい。
  4. 4. 決算変更届の際、工事経歴書の作成はしてもらえますか?
    工事経歴書については、伝票や各種帳簿をお預かりさせていただければ作成させていただくことができます。
  • 4. 決算変更届の際、工事経歴書の作成はしてもらえますか?
    工事経歴書については、伝票や各種帳簿をお預かりさせていただければ作成させていただくことができます。