産業廃棄物処理業許可申請

当事務所では、産業廃棄物処理業申請のご依頼を承っております。

産業廃棄物とは

産業廃棄物は、廃棄物の処理及び清掃に関する法律(廃棄物処理法)において下記のように定義されています。

廃棄物の処理及び清掃に関する法律 第2条第4項

この法律において「産業廃棄物」とは、次に掲げる廃棄物をいう。

  1. 事業活動に伴つて生じた廃棄物のうち、燃え殻、汚泥、廃油、廃酸、廃アルカリ、廃プラスチック類その他政令で定める廃棄物
  2. 輸入された廃棄物(以下略)

産業廃棄物の種類と具体例

法令により以下の20種類が産業廃棄物として定められており、産業廃棄物以外の廃棄物は一般廃棄物とされています。

また、以下の産業廃棄物は「あらゆる事業活動に伴うもの(1.燃え殻~12.ばいじん)」と「特定の事業活動に伴うもの (13.紙くず~14.動物の死体)」とに区別されます。

  1. 燃え殻:石炭がら、焼却炉の残灰、炉清掃排出物、その他の焼却残さ
  2. 汚泥:排水処理後及び各種製造業の生産工程で排出された泥状のもの、活性汚泥法による余剰汚泥、ビルピット汚泥、カーバイトかす、ベントナイト汚泥、洗車場汚泥、建設汚泥等
  3. 廃油:鉱物性油、動植物性油、潤滑油、絶縁油、洗浄油、切削油、溶剤、タールピッチ等
  4. 廃酸:写真定着廃液、廃硫酸、廃塩酸、各種の有機廃酸類等、すべての酸性廃液
  5. 廃アルカリ:写真現像廃液、廃ソーダ液、金属せっけん廃液等、すべてのアルカリ性廃液
  6. 廃プラスチック類:合成樹脂くず、合成繊維くず、合成ゴムくず(廃タイヤを含む)等固形状・液状のすべての合成高分子系化合物
  7. ゴムくず:生ゴム、天然ゴムくず
  8. 金属くず:鉄鋼、非鉄金属の破片、研磨くず、切削くず等
  9. ガラスくず・コンクリートくず及び陶磁器くず:ガラス類(板ガラス等)、製品の製造過程等で生ずるアスファルト、コンクリートブロックくず、インターロッキングくず、レンガくず、廃石膏ボード、セメントくず、モルタルくず、スレートくず、陶磁器くず等
  10. 鉱さい:鋳物廃砂、電気炉等溶解炉かす、ボタ、不良石灰、粉炭かす等
  11. がれき類:工作物の新築、改築又は除去により生じたコンクリート破片、アスファルト破片その他これらに類する不要物
  12. ばいじん:大気汚染防止法に定めるばい煙発生施設、DNX対策特別措置法に定める特定施設又は産業廃棄物焼却施設において発生するばいじんであって、集じん施設によって集められたもの
  13. 紙くず: 建設業に係るもの(工作物の新築、改築又は除去により生じたもの)、パルプ製造業、製紙業、紙加工品製造業、新聞業、出版業、製本業、印刷物加工業から生ずる紙くず
  14. 木くず:建設業に係るもの(範囲は紙くずと同じ)、木材又は木製品製造業(家具製造業)、パルプ製造業、輸入木材卸売業から生ずる木材片、おがくず、バーク類等。また、物品賃貸業に係るもの、貨物の流通のために使用したパレットに係るもの(H20.4.1から適用))
  15. 繊維くず:建設業に係るもの(範囲は紙くずと同じ)、衣服その他繊維製品製造業以外の繊維工業から生ずる木綿くず、羊毛くず等の天然繊維くず
  16. 動植物性残さ:食料品、医薬品、香料製造業から生ずるあめかす、のりかす、醸造かす、発酵かす、魚及び獣のあら等の固形状の不要物
  17. 動物系固形不要物:と畜場において処分した獣畜、食鳥処理場において処理した食鳥
  18. 動物のふん尿:畜産農業から排出される牛、馬、豚、めん羊、にわとり等のふん尿
  19. 動物の死体:畜産農業から排出される牛、馬、豚、めん羊、にわとり等の死体
  20. 以上の産業廃棄物を処分するために処理したもので、上記の産業廃棄物に該当しないもの:コンクリート固型化物など

産業廃棄物処理業の種類

産業廃棄物処理業は下記の4つに大別することができます。

  • 産業廃棄物収集運搬業
  • 特別管理産業廃棄物収集運搬業
  • 産業廃棄物処分業
  • 特別管理産業廃棄物処分業

これらの業務を行うためには事前に許可申請をする必要があります。特に多く申請されているのが産業廃棄物収集運搬業の許可申請です。

産業廃棄物収集運搬業

産業廃棄物収集運搬業とは

産業廃棄物収集運搬業とは、他人から委託を受けて産業廃棄物を有償で運搬する仕事です。
但し、特に危険な産業廃棄物(例:毒物・爆発物)を運搬するには、下記の特別管理産業廃棄物収集運搬業の許可が必要となります。
なお、排出業者が自ら収集運搬する場合、許可は不要です。

どの自治体へ許可申請するか

積み込みや荷降ろしをする自治体での許可申請が必要です。都道府県をまたぐ場合、複数の自治体へ申請することになります。
例えば、群馬県で廃棄物を積み込み、栃木県を通過して、茨城県の中間処理施設に運ぶ場合は、群馬県と茨城県の許可が必要です。 なお、通過するだけの栃木県の許可は必要ありません。
※法改正に伴い平成23年4月1日から群馬県内全域で収集運搬を行う場合は、一部例外を除き、群馬県知事の許可のみで足りることとなりました。

申請の種類

  1. 新規許可申請
    群馬県内で初めて収集運搬業を行う場合は、新規許可申請が必要となります。
  2. 変更許可申請
    事業の範囲を変更する場合には変更許可申請が必要になります。
  3. 更新許可申請
    収集運搬業の許可の有効期限は5年間であり、引き続き業を行う場合は、更新許可申請を行う必要があります。更新許可申請は許可期限の3ヶ月前から可能です。
  4. 廃止又は変更の届出
    事業の全部若しくは一部を廃止したとき、又は住所その他の環境省令で定める事項を変更したときは、廃止又は変更の届出を10日以内に出す必要があります。

申請の流れ

  1. step 1 講習会受講
    申請前に講習会を受講して修了証を取得していただきます。個人事業主の場合は代表者ご自身で受講していただく必要があります。
  2. step 2 申請品目決定・お申込み
    申請品目を決めた上で、お電話、又はメールにてお申込み下さい。
    許可取得後の品目追加には別途申請手続きと費用が発生しますのでご注意下さい。

    行政書士あかぎ事務所
    電話:027-261-2715
    メール:info@akagi-office.com
    営業時間:平日8:00〜17:00

    お申込みをいただきましたら、当事務所よりご連絡させていただきます。
  3. step 3 書類のご記入と打ち合わせ
    お申込内容に応じて、当事務所よりお客様にご記入・押印いただく書類(委任状等)を送付させていただきます。
    書類のご記入・押印が済みましたら当事務所までご連絡下さい。
    ご連絡後、打ち合わせ・書類受領・車両等の撮影のため当事務所の行政書士がお客様のもとに訪問させていただきます。
    記載方法が不明な書類があったりした場合は、ご案内させていただきますので、そのままにしといていただいて結構です(ご不明な点があった場合、もちろん事前のお問い合わせもお気軽にして下さい)。
  4. step 4 代金のお支払
    Step 3で送付させていただいた書類の中に、ご請求書が同封されておりますので、代金のお支払いをお願いいたします。
  5. step 5 申請
    書類のご返送及び、代金の確認から3営業日以内に申請をいたします。
    通常、2ヶ月~2ヶ月半で許可がおりますので、許可がおりましたらご連絡させていただきます。
  6. step 6 許可証の納品
    当事務所での手渡し又は郵送で納品いたします。
    以上で手続きの完了です。

代行費用

産業廃棄物収集運搬業許可申請の代行費用は、下記の通りとなります。

【産業廃棄物収集運搬業】 申請手数料 あかぎ事務所報酬 合計
新規(群馬県内) 81,000円 90,000円(+税) 171,000円(+税)
更新(群馬県内) 73,000円 80,000円(+税) 153,000円(+税)

同時に複数申請する場合、2件目以降は報酬額60,000円(+税)です。

※群馬県外の自治体へ申請する場合は、追加で交通費(実費)が発生いたします。

産廃収集運搬の申請に必要なもの

引用:群馬県環境森林部廃棄物・リサイクル課 群馬県産業廃棄物情報

…当事務所で作成、取得させていただく書類
…お客様にご用意していただく書類
※お客様にご用意していただく書類のうち、◎の項目は当事務所で清書いたします。
※下記の書類は制度の変更などにより不定期に変化することがあります。

申請書及び添付書類 個人許可の申請 法人許可の申請
申請書(産廃新規:更新様式第六号、
特管新規:更新様式第十二号)
 ①法人登記事項証明書
 ②定款(原本と相違ない旨記入)
 ③登記されていないことの証明書
 (④~⑧の者について)
 ④役員の本籍地の記載された住民票抄本
 ⑤百分の五以上の株式保有者又はそれに
 相当する出資者の本籍地の記載された住民票抄本
(法人の場合には、登記事項証明書)
 ⑥令6条の10に規定する使用人の本籍地
 の記載された住民票抄本
 ⑦申請者の本籍地の記載された住民票抄本
 ⑧法定代理人の本籍地の記載された住民票抄本
事業の全体計画、収集運搬する産業廃棄物の種類等
 ①事業計画に関係する都道府県市の許可証(許可
 申請書)の写し
収集運搬の具体的な計画
環境保全措置の概要
事務所及び事業場(駐車場)等
 ①事務所及び事業場付近の住宅地図等(事務所及び
 事業場付近の見取図を上記書類に記載しない場合)
収集運搬車両一覧表
 ①車検証の写し
 ②車検証上の使用者が申請者と異なる場合には、
 賃貸借契約書又は、使用貸借契約書
収集運搬車両の写真(1台につき2枚)
更新時省略可

更新時省略可
収集容器及び運搬資材の写真
更新時省略可

更新時省略可
当該事業を行うに足りる技術的能力を説明する書類
 ①講習会修了証の写し(有効期限内。修了者と
 して認められるのは、[法人]役員又は政令で定
 める使用人、[個人]申請者)
事業の開始に要する資金の総額、調達方法等
資産に関する調書
 ①決算書(貸借対照表、損益計算書、株主資本等
 変動計算書、個別 注記表)直近3年分
 ②法人税納税証明書
 (その1・納税額等証明用) 直近3年分
 ③所得税納税証明書
 (その1・納税額等証明用) 直近3年分
誓約書
添付を省略する書類の一覧表
(省略する書類がある場合のみ提出)

注意事項

新規許可申請及び変更許可申請において、ポリ塩化ビフェニル(PCB)廃棄物の許可を取得する場合、 「PCB廃棄物収集・運搬ガイドライン」(平成24年8月環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部)及び 「微量PCB汚染廃電気機器等収集・運搬ガイドライン」(平成24年8月環境省大臣官房廃棄物・リサイクル対策部) に適合しているかの確認のため、申請書に加えて追加書類の提出が必要となります。

欠格要件

・成年被後見人もしくは被保佐人又は破産者で復権を得ないもの。

・禁錮以上の刑を受け、その執行が終わり、又は執行を受けることがなくなった日から5年を経過しないもの等。(法人の場合は役員のうち一名でも上記欠格要件に該当すると許可されません)

Q&A

  1. 1. 見積りは無料ですか?
    お見積りは無料となります。お見積りをご希望の方は、お気軽にお申し付け下さい。
    なお、ご請求させていただく金額は、上記の代行費用の通りとなっております。
  2. 2. 許可がおりるまでどれくらいかかりますか?
    収集運搬業の新規許可を群馬県にすると、許可がおりるまで約2ヶ月程かかります。
    時間がかかる申請となりますので、産廃業の業務を行う方はお早めの申請をオススメしております。
  3. 3. 法人申請に使用する定款を紛失してしまったのですが、定款は必要ですか?
    法人申請の際、定款が必要となります。
    定款を紛失してしまった場合、会社設立時にご利用いただいた行政書士・税理士・司法書士事務所等が控えを保管している場合があるため、そちらにお問い合わせいただくことにより入手できることがあります。また、それでも見つからない場合は、当事務所で別途(10,000円)作成することもできます。
    ご希望の方は、お気軽にお申し付け下さい。
  4. 4. 定款の記載内容に変更があるのですが、そのままで許可がおりますか?
    ご提出いただく定款は、原則として最新のものが必要となります。
    例えば、有限会社の定款には役員が記載されていることがありますが、役員が代わっているのにもかかわらず旧役員の記載がある定款を提出すると、許可がおりませんのでご注意下さい。
    なお、定款の書換をご希望の場合は、別途10,000円で承りますので、ご希望の際はお申し付け下さい。
  5. 5. 登記簿謄本の記載内容と会社の現状が異なっておりますが、そのままで許可がおりますか?
    上記の定款のQ&Aと同じく、登記簿謄本も最新のものが必要となります。役員変更登記等がお済みでない場合、ご利用いただいている司法書士に申請依頼をしていただくか、当事務所までお申し付け下さい。
  6. 6. 個人申請ですが、開業後時間が経っておらず所得税納税証明書が提出できませんが代わりになるものはありますか?
    所得税納税証明証明書がご用意いただけない場合は、前職の源泉徴収票等代わりに提出することができます。
  7. 7. 運搬車の駐車場が賃貸借となりますが、収集運搬の申請の際に賃貸借契約書は必要となりますか?
    群馬県の場合、賃貸借契約書の提出は原則不要となります。
    また、県によって(例:栃木県)は必要となる場合があります。
  8. 8.代金の支払いはいすればよいですか?
    代金は申請前にお支払いいただきます。
    これは、申請の際に数万円と高額な県証紙代を購入するためとなります。あらかじめご了承下さい。
  9. 9.手続きの途中でキャンセルできますか?
    恐れ入りますが、着手後のキャンセルは原則として承っておりません。
    また、やむを得ずキャンセルの場合でも進捗状況に応じて書類作成にかかった費用をご請求させていただく場合がございます。

特別管理産業廃棄物収集運搬業

特別管理産業廃棄物収集運搬業とは

特別管理産業廃棄物収集運搬業とは、上記の産業廃棄物収集運搬業の中でも、特に危険な産業廃棄物(例:毒物・爆発物)を運送する仕事です。

産業廃棄物処分業

産業廃棄物処分業とは

産業廃棄物処分業とは、他人から委託をうけて産業廃棄物の粉砕や焼却などの処分をする仕事です。
但し、特に危険な産業廃棄物(例:毒物・爆発物)を処分するには、下記の特別管理産業廃棄物処分業の許可が必要となります。

特別管理産業廃棄物処分業

特別管理産業廃棄物処分業とは

特別管理産業廃棄物処分業とは、上記の産業廃棄物処分業の中でも、特に危険な産業廃棄物(例:毒物・爆発物)の処分を行う仕事です。

ご相談・お申込

産業廃棄物処理業の許可申請で、ご不明点等ございましたらお気軽にお問い合わせ下さい。

また、お申込希望の方は、電話・メールにてあかぎ事務所までお問い合わせ下さい。ヒアリングによりお見積もりをご提示させていただきます。